イメージ1イメージ1

バス運転士K.Tさん 2014年入社

大型二種免許を武器にして“オン・オフのメリハリがある”生活へ。

インタビュー2インタビュー2

家電量販店から転職、
大型二種免許は合宿で

入社する前は家電量販店に勤めていました。休日出勤や人材管理に疲れていた時期に、バス運転士の知人と食事をしたことが求人に応募したきっかけです。「出庫すれば船長みたいに独りだし、気は楽だよ。運転だから危なさはあるけどね」という言葉が印象的で、バス運転士に。小湊鉄道に決めたのは地元で安定した歴史ある会社がいいと思ったからです。大型二種免許取得のために、会社提携の合宿所で最初にバスに乗った感想は「運転できるかな…?」。ハンドルの切り方・進入経路も乗用車とは全く違うし、バックミラーは無いに等しくサイドミラーだけで運転し、視野は横1m半ほどで後ろは見えませんでした!

インタビュー3インタビュー3

まずは先輩が同乗し
「扉の開閉は慌てずに」

私は正直に言うと、慣れるまで3ケ月ほどかかりましたが、新人運転士は小さな路線バスから始めるので安心です。現在の高速バスにはバックモニターも付いています。まずは先輩が同乗し「扉の開閉は慌てずに」「ダイヤは気にするけど、バスは遅れるものだから、安全優先で」とアドバイスも。例えば天候が悪い時、バスが見えてから屋根付きの停留所から顔をだすお客さまもいます。ゆっくり行きましょう。一日のスケジュールはダイヤによって異なりますが、往路・復路の間に必ず休憩があり無駄な残業もありません。月2~3日はスケジュールの厳しいときもありますが、そこだけ頑張りましょう!

インタビュー4インタビュー4

千葉をよく知る仲間と楽しく、
転職してわかったこと。

一日のダイヤが終わったら、完全に仕事を終えて“オン・オフのメリハリがある“生活へ。小湊鉄道はプライベートへのスイッチが切り換えやすい会社です。休日に暇をしていたら営業所の仲間と趣味のゴルフへ行きますし、他にも釣り好きもいてコミュニケーションは活発!皆、千葉をよく知る仲間なので楽しいですよ。求人をご覧の方へ。私が転職してわかったのは、大型二種免許は武器になるということです。そして小湊鉄道に細かなルールがなく大らかな社風なのは、自分が豊かで安心感がないと運転も不安定になるから。基本は独りですが、寂しくなったらおしゃべり好きの運転士仲間に声をかけてくださいね(笑)。

イメージ2イメージ2

タクシー運転士E.Hさん 2001年入社

これからも、私の大切な人を“15分乗せてドライブ”しよう。

インタビュー2インタビュー2

他社ドライバーなのに、
守って育ててくれたこと。

「運転していると元気なる!」と50歳で気付いた私は、他社の求人チラシをみてタクシー運転士に。他社でJR五井駅担当になって2台の車を3人でフル回転、15時間勤務を2~3日し、休日はグッタリでした。その私を見かねて、小湊タクシーの運転士さんが声をかけてくれました。他社のドライバーなのに、大切に守ってくれて育ててくれたのが嬉しかった!道順を教えてくれて、駅に帰ってきたら「お帰り~」と声をかけてくれた当時のことは、今でも心から感謝しています

インタビュー3インタビュー3

有給休暇はほぼ100%消化!
残しませんよ(笑)

現在は小湊タクシーで上総山田駅の担当ドライバーをしています。私はのんびり出社で(笑)、主に、地元のお客さまの自宅~駅のお送りをして1回の乗車は5分~15分くらい。または公共機関(病院や学校)へ向かう関係者などです。私は月に24日ほど出勤しお給料は歩合制で、年間20日ある有給休暇はほぼ100%消化!残しませんよ(笑)。稼ぎたい方は無理に休まなくても良いですが、希望はどんどん言えます。各駅を担当する仲間同士で調整しています。

インタビュー4インタビュー4

60歳・70歳になっても働ける
小湊タクシー。

小湊タクシーでのメリットは、里山ののんびりした風景を見ながら60歳・70歳になっても働けることです。家にいると愚痴がでたりふさぎ込んだり、寝っ転がるだけですもん(笑)。女性ドライバーでも二種免許さえ取ってしまえば元気で過ごせて、日常の景色が変わります。タクシーで走って空を見られるだけでもすごいこと。大丈夫です!筆記テストに3回落ちて、実技も3回落ちた私でも、「私の大切な人を15分乗せてドライブしよう」と思ったら、合格できましたから(笑)。今でも同じ気持ちでいますし、毎日がドライブで楽しい。事故さえおこさなきゃOK!ぜひ、求人に応募してくださいね!

イメージ3イメージ3

小湊鉄道スタッフ 車掌K.Mさん 2010年入社

時速5キロでなぜか盛り上がる、小湊鉄道の車掌さん。

インタビュー2インタビュー2

「ものすごいレトロ電車!
福島でも無い!」と、かなりの衝撃。

福島県でスノーボードインストラクターをしていた私は、主人の転勤で千葉県へ。単身バイクで千葉へ入り、五井駅で主人を待っている間に小湊鉄道をみて「ものすごいレトロ電車!福島でも無い!」と、かなりの衝撃を覚えました(笑)。五井駅で写真撮影をしていると、同じく撮影に来ていた本社の広報さんから列車の運転体験イベント(現在はありません)を紹介してもらいました。駅構内を実際に20mほど運転して、私が「車掌楽しそうですね」というと、「空きがありますよ」という話に。あっという間に面接とクレペリン検査(足し算をひたすらやるテスト)、気が付いたら車掌になっていました(笑)。

インタビュー3インタビュー3

がま口をぶら下げて会話する、
楽しいひと時。

小湊鉄道の列車は13両あり3~4編成(1~2両)で、五井から上総中野を運行。小湊鉄道では、冬になると「空転」と言って、レールと車輪の間に落ち葉や水滴で登れなくなることがあります。時速5キロになるのでお客さまは怒るはずですが小湊鉄道の場合は、なぜかお客さまが盛り上がります(笑)。受験シーズンには、空転でまく砂を「滑らない砂(さ)」として、受験生の生徒さんに配布もします。他に仕事内容で珍しいのは、お客さま対応と乗車券販売です。改札鋏(かいさつきょう)に似たパンチと、がま口をぶら下げてお客さまと会話するのは楽しいひと時です。

インタビュー4インタビュー4

「今日は、車掌の誰々さん
いますか?」と、追っかけ!

地元のお客さまからはジュースを頂くことも多いんですよ(笑)。観光や鉄道マニアのお客さまは、車掌の名前を覚えて「今日は、車掌の誰々さんいますか?」と、追っかけみたいな方もいます。小湊鉄道は全国的にみても魅力のある鉄道。里山の景色を眺めるのも楽しく、安全確認をしながら、動物がいたり乗用車のドライバーさんが手を振ってきたりして、ほのぼのします。手を振り返すと「わー!」ってなります(笑)。ゆったり&ほのぼの感が良いから?小湊鉄道は、辞めても戻ってくる人も。千葉の地元で働きたい方、小湊鉄道の車掌求人をじっくりご覧くださいね!